マンションを経営している友人の話を聞きました。

確定申告の時期になると、マンションを経営している友人は、俄然忙しくなります。
実際にマンションを所有しているのは友人の親なのですが、高齢なので、経理の処理などは友人に任されているのです。
そのため、税務署などには友人が代理で行くことになり、銀行に行ったり、提出する書類を作成したりと大忙しです。


友人が経営している賃貸マンションは、都外の近郊都市にあるワンルームマンションで、十戸程度の小規模なものだということです。
今のところすべて部屋は埋まっており、賃料は滞りなく入ってきているそうです。
しかし、マンションが建てられてからすでに三十年近く経ち、建物自体が老朽化してきたとのことで、新しく建て直すか、取り壊して土地を売却するか、選択を迫られているとのことでした。


マンションを建て直すにしても、また取り壊すにしても、当然それなりの資金が必要になります。
また、現在住んでいる貸借人との契約を解除するにもそれ相当の時間や手間がかかりますから、すぐに決断するわけにはいかないようです。
友人は取引先の銀行と話し合いをしている最中のようですが、融資してくれるかどうかまだわからないとのことで、もうしばらく検討を続けるようです。
所有者の親の意向も尊重しなければならず、しばらくは銀行に通うことになりそうです。
マンションを経営していると言えば、とても羽振りがよいようにも聞こえますが、実際の経営には色々と苦労もあるようです。

Leave a comment