良い睡眠・マッサージ・メンズエステには良いベットを!!

健康な睡眠は健康的な生活の必須条件である。

人間は昼間に枯渇された身体のエネルギーを睡眠を介して補充して、体のリズムを一定に保つように、生体時計を調整する。

「睡眠が健康を支配する」と言う理由だ。

十分な睡眠を寝ても疲れている時がある。

浅い睡眠だけ続いて、体の疲れがとれないからである。

寝てもすっきりせず、疲れや腰が痛い場合、睡眠環境を確認しなければならない。

眠る者はよい方法を知っておくと、毎朝目覚めた後の爽快感を感じることができる。

まず、布団を楽なもにすることが重要である。

正しく姿勢のとき背骨は「Sライン」を形成し、平衡を成さなければならない。

顔は天井に向かってまっすぐにして両足は肩の広さに広げずっと広げるのが良い。

ここで、両手を身体にそらせて、頭・肩・腰・お尻・脚の順に意識して横になることで、背骨がよじれることを防ぐことができる。

ベッドのマットレスが体をよく支えることも重要である。

平らな面に横になると首・腰にスペースが生じる。

これをまともに満たさなければ周囲の筋肉に負担が生じる。

体にフィットマットレスが必要な理由だ。

多くの人がふわふわベッドより硬いベッドが良いと知っているが、これは事実ではない。

硬いマットレスは床と同じように空間を作り、筋肉に負担を与えることがあるからである。

一方、過度に柔らかいマットレスは横になったとき脊椎が丸く巻き込ま内臓を圧迫して呼吸を妨害する。

最終的には人ごとに快適に感じるマットレスはそれぞれ異なっている。

ベッドはそれぞれ体型や症状に応じて良いベッドの条件が変わるだけ直接横たわって選ばなければならない。

腰が前に出てきた「前彎」状態の人は、柔らかいマットレスは背骨のカーブを正常に作成するために役立って、逆に背骨が後気味の人の場合、若干硬めのマットレスが背骨に良い。

決定時には一度、横になったときに腰が水平に維持され、脊椎が快適な感じがするマットレスが一番いい。

最近では、体の状態にマットレス環境を調節することができる製品も発売された。

空気注入を介してマットレスの弾力性を調節する原理だ。

これにより、体の状態に応じてマットレスを変形して横になった時自然な体の屈曲を維持しながら、一方で傾いた体重を縦・横に分散することができる。

たとえば、通常の柔らかいベッドを利用する人も腰の痛みがひどい日には空気注入を介して、弾力性を下げて腰をしっかりと支持することができる。

ベッドの大切さは睡眠だけではなく、マッサージやエステ・メンズエステなどの時も大事な要素の一つです。

自分の体を労わる時に大切なのはベッドです。

ベッドに拘る事がまずは自分を労わる一歩です。

Leave a comment